スーツの男性

自律神経失調症は漢方で改善|不快な症状をスッキリさせよう

睡眠薬に頼らない

アイマスク

近年増えている精神的な理由による不眠は、セロトニンが不足している可能性が高いことが判明しています。セロトニンは、直接摂取はできず、トリプトファンや「ビタミンB6などを摂取することで体内で作られます。サプリでこれらの成分を効率よく摂取することで、効果が期待できます。

View Detail

原因不明の不調を感じたら

薬膳

ストレスがもたらす症状

なんとなく体がだるい、慢性的な頭痛や耳鳴りがする、胸が苦しく不安を感じる、手足がしびれたり冷えたりするなど、体の不調があって病院を受診しても、異常が見つからないことは少なくありません。そうした症状は自律神経失調症の可能性があります。ストレスなどの影響で交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、精神だけでなく肉体の不調を起こす病気です。徹底的に精密検査をすることは重要ですが、それでも原因が分からないときは、自律神経失調症と診断されることが多いようです。特定の臓器が悪いわけではないので、西洋医学の薬では十分な効果を発揮できないことがあります。そうしたときには漢方薬も治療法として考慮に値します。漢方では体全体のバランスを重視して処方を行なうからです。

体質を改善して治療する

西洋医学では自律神経失調症に対して、対症療法的に薬を処方するのが普通です。また近年では抗不安薬や抗うつ薬など、精神に直接作用する薬も用いられます。これらの薬は強力ですが、副作用も強く出る場合があり、患者に合わないとかえって悪化してしまう危険もあります。漢方は「気」のめぐりを正し、体質を改善することで自律神経失調症を治すという考えに基づいています。どこが悪いかよくわからないような症状には、特に漢方薬が向いていると言えます。一般の薬局でも購入できますが、漢方専門の薬局で相談しながら服用するのも良い方法です。またサプリなどにも応用されており、今後は自律神経失調症の治療にも、さまざまな選択肢が増えていくと予想されます。

高く評価

ハチミツ

プロポリスは、非常に高い抗菌作用や美容効果などがありますので、健康食品などはとてもおすすめです。特に新陳代謝を高くする作用がありますので、化粧品や健康食品なのでプロポリスを摂取すると、シミやシワなどに期待が持てます。

View Detail

悩む人が多い

睡眠

不眠症を改善する効果を期待することが出来るサプリメントは、眠る30分程度前に服用することにより、効果を得やすくなります。なお、過剰摂取をしないように摂取目安量を事前に確認するということが大切になります。

View Detail